ケジラミは他の性病とは違った症状が現れます

ウイルスではなく、昆虫による性病感染がもたらされるケジラミは、他の性病とは少々毛色が異なっております。
その為、他の症状を詳しく知っているという方でも、ケジラミは別物だという認識を持つ必要があります。

ケジラミに感染してしまうと、数日から1ヶ月程の間に強いかゆみを感じます。
そのかゆみは、とても強くこれまで経験をした事が無いほどのかゆみだと言われており、その強さは夜に寝蒸れなくなるほどの強いかゆみになっております。
その為、自覚症状が必ずある性病になっております。

またケジラミの自覚症状としましては、ケジラミが吸った血やフンが下着に付く事もあります。
特に薄い色の下着を着ているような時には、かなりわかりやすいと言えます。
主にケジラミが生息しているのは下の毛になりますが、頭に感染する事はありません。
頭に感染するシラミとはそもそもの種類が違うのです。

一度、ケジラミに感染してしまうと、日常生活が困難になってしまうほどの強い痒みを覚えてしまいます。
その為、一刻も早く治療を開始する必要があります。
性病がどういった病気なのかさらに詳しく知りたい方、他の病気との違いを知りたい方は、ホームページにて詳細情報をチェックし、自宅でセルフチェックが可能な性病検査キットを利用するのがおすすめです。

http://ansin-kensa.com/page01.html

http://www.jennifercardini.com/jen/