消費者金融の審査は本当に甘いのか。

キャッシングやカードローンを申し込んでお金を借りようとすると、必ず行われるのが審査です。
消費者金融は、銀行や信販会社などと比べると、審査が甘いとよく言われます。
本当にそうなのでしょうか。
確かに、銀行よりも審査がスピーディーに行われ、すぐ借りられるということを売りにしているところが多いようです。
しかし、そのチェック項目は、銀行などとほぼ同じと考えていいでしょう。
その上、消費者金融は、貸金業法により総量規制が適応されますので、年収の3分の1までしか借りることができません。
ほかの会社でその額いっぱいまで借りてしまっている場合は、更に別の会社から借りようとしても無理なのです。
また、総量規制の範囲内であっても、以前に金融事故を起こしている場合は、新たに借り入れすることが難しくなる場合もあります。
金融事故とは、借金やクレジットカードの支払いが大幅に遅れた場合や、返済がされなかったことを指します。
債務整理や自己破産などはもちろんです。
このような事態は、個人信用情報機関に登録され、銀行でも消費者金融でも、すべての金融機関が照会できるシステムになっているため、事故を隠して申し込んでもバレてしまいます。
未納状態が解消されてからも5年間は抹消されることがないので、その間、新たな借り入れはできません。
自分の事故情報は、開示要求をすれば教えてもらえるので、自分の情報が今どんな状態なのか把握することができます
http://xn--n8jub3ct96vkymuslvq5ayum64kbym.com/entry16.html

http://www.jennifercardini.com/jen/