新規就農者の紹介

串山孝一さんは昭和22年生まれ。
長年勤めた会社を定年退職し、パートタイムの仕事を続けながら農業をはじめました。
それまで農業の経験はなく、ノウハウも何もない状態からのスタートでしたが一年目で年収400万円、2年目、3年目にはそれぞれ600万、1000万の利益をあげました。
串山孝一さんは主に野菜栽培を行っています。
中国の農薬問題などから消費者も国内志向になっており、資源高などで輸入ものの価格も高騰しているので利益がでやすくなっているそうです。
土日にある程度集中して農業をし、ウィークデーでは家族やお手伝いさんなどと一緒に軽作業などをこなせばじゅうぶん作業量は足りるそうです。
ときたま新規に農業を始めたいという若い人にアドバイスを送ったりもしています。
あまった時間は趣味である釣りをしたり、体力づくりにテニスなどで汗を流したりなど、健康的な生活を送っています。
そのため、健康診断の結果もかなり満足のいくものとなり、好きなお酒もあまり我慢せず飲めるようになりました。

http://www.jennifercardini.com/jen/