自動車関連会社や商社の気になるワークライフバランス

自動車工場といえば部品や車を24時間体制で生産し続けたり、商社といえば世界をまたにかけて相手国の時間に合わせ24時間体制で働くイメージがあります。
もっとも、海外に本社を置き、日本にも複数の拠点を置く自動車関連の商社ではフレックスタイム制や在宅勤務制度も導入され、標準労働時間は1日8時間となっています。
日本の法令に基づき、安心して健康に働ける環境を提供するため、原則として週2日の休日と長期連休制度を設けて、適切な休日数が確保されています。
有給休暇は入社1年目から17日付与され、有休の100%取得を目指した運動も推進されており、ほとんどの従業員が100%取得できています。
作業の進捗度合いによっては残業や休日出勤もありますが、会社全体で長時間の労働を削減するように取り組んでおり、当社規定の月間40時間以上の残業にはならないよう、労働環境の管理が行われているので、プライベートな自由時間や家族との時間がもてるワークライフバランスも図られています。
服装はTPOに合わせていれば基本的には自由です。
エンジニアはユニフォームとして、静電服、作業服が用意されているので、安全で安心の作業環境が保たれます。
自由度やワークライフバランスに優れているのが魅力です。

このホームページにも情報があります

http://www.jennifercardini.com/jen/