日本の働き方を変えるRPAを提供する企業

少子高齢化などが原因で現在日本では深刻な人手不足が問題になっています。
それと同時に政府による働き方改革の推奨も進められているため、企業は人員に対する負担をいかに軽くするのかという事が直近の問題として挙げられている事が多いのです。
もしもこの問題を軽視している企業があるとしたら社会的な責任が無いと認識され、信用問題にまで発展してしまうリスクを抱えていることになります。

このような問題を解決する技術として、近年RPAが注目されています。
RPAとはRobotic Process Automationの事で人力で行っていた作業をロボットが代わりに行うことを意味しています。
ロボットは人と違い24時間休み無く働く事ができますし作業にもミスがありません。
そのため、単純作業を自動化して業務効率を向上させる事が出来るのです。
そうすればコストを削減したり余った人員を営業に回すことによって企業の利益を上げる事が出来ます。

不動産業界の特化したRPAを提供しているのが不動産コボットです。
不動産コボットは物件の新規データを収集し、それを既存のデータと照合するなどの業務を行います。
そして更新されたと判断したらそれを自動入力してアップデートしてくれるのです。
このような作業は人力では2時間ほどかかりますが、ロボットならば5分ほどで終わります。
コボット RPA/デジタルトランスフォーメーション(DXサービス)

http://www.jennifercardini.com/jen/