無痛分娩をこれから選ぶ際の注意点

 

日本でもわずかながらですが無痛分娩を選ぶ妊婦さんが増えてきました。
2017年時点で6パーセントと少ない数値ですが、徐々に希望する方が増えております。
また、お金がかかることもあり、世帯年収の高く、年齢の高い方が選ばれる傾向が強くなっております。

ここまで割合が増えてきた理由のひとつに硬膜外鎮痛の定着化があります。
硬膜外鎮痛は、背中から針を入れ麻酔薬を投与する方法です。
一般的な麻酔で用いられる麻酔を吸入したり、点滴で麻酔薬を投与するのとは違い、下半身にのみ麻酔を利かすことができるのです。
また、無痛分娩を選ばない理由で最も大きい、赤ちゃんへの影響もほとんどない方法になっております。
硬膜外鎮痛によって、日本の出産シーンが様変わりしてきているのです。

無痛分娩を行いたいのであれば、しっかりと過去の実績や最新の設備が整っている産婦人科やクリニックを選ぶようにしましょう。
無痛分娩自体は、非常にリスクの少ない出産方法ではありますが、まったくリスクがないという事ではありません。
たとえば、神奈川県にあるおとめクリニックのような、しっかりと設備が整っていて、過去の実績もあるようなクリニックを選ぶことによって、出産のリスクを最低限にすることができるのです。

おとめクリニックの詳しい情報はこちら

http://www.jennifercardini.com/jen/?jen=8