根も葉もないデマによって会社のイメージが低下したら

 

今回の新型コロナウイルスで、正しい情報と間違っている情報が交差して伝えられることがありました。
「どこどこのスーパーで新型コロナウイルスの陽性反応が出たらしいから行くのを控えよう。」といった情報でしたり、「駅前の〇ってお店は、まったく新型コロナウイルス対策をしていないらしい。」など、実際とは異なる情報だけが独り歩きしているケースが多く見られました。
そういった情報の錯綜は、お客さんからの信頼で経営している企業にとっては、本当に死活問題になってしまいます。

こういった情報の他にも、SNSなどで企業の公式アカウントが暴言など不適切な書き込みをしてしまったり、女性差別や宗教への過激な発言、不適切な画像や動画の投稿などでも炎上してしまいます。
もし、風評被害にあってしまった時には、最初にスピードガードのような、過去に何例も対応し成功している風評被害対策の専門会社に相談してみましょう。

こういった専門業者に依頼することによって、騒動の終息までの時間を短縮することができます。
特にスピードガードは、結果が出るまでのスピードは業界一ともいわれておりますので、一刻も早く風評被害を終息させようと思ったら、過去の実績などでしっかりと対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

風評被害・誹謗中傷サジェスト対策窓口|スピードガード

http://www.jennifercardini.com/jen/?jen=3