起業にチャレンジ合同会社設立

現代は会社に属した生き方でなく「いつかは起業したい」というビジョンを持つ人が増えている。
そのような時代の流れに合わせ2006年に施工された会社法により有限会社の新規設立はできなくなり、それに代わるものとして合同会社(LLC)が設立されるようになった。
ビジネスにおいて法人であるか個人であるかは信用という面で大きく違ってくるであろう。
この法改正により会社の設立がし安くなったのだ。
設立も一人で可能であり資本金の制限もない。
今まで個人事業主として行っていた事業を法人として会社を設立し行うことが安易になった。
優秀な才能を持つ人材がそれぞれの能力を発揮し起業にチャレンジし社会で活躍できるチャンスが広がったというわけだ。
そして事業が軌道にのれば株式会社への組織変更も可能である。

http://www.jennifercardini.com/jen/?jen=3