「旭段ボール」の流通社会への配慮

70年以上の歴史を誇る旭段ボールでは、環境にやさしい経営理念があります。
「自然 人 信用」です。
段ボールは90%以上のリイサイクル率があるものです。
工場から店舗商店への流通時に使用されることで、使用後の回収システムなどが徹底されているためだと推測できますが、そのリサイクル率が高いこととで新たな原料を使用せずに済んでいる点、古紙回収により原料を調達している点などを考えると、木材を節約できる製品であると位置づけられます。
また、段ボールが流通の主流となる前に使われていた木箱に比べると格段に木材の使用料は減ります。森林保護の観点からも紙製の段ボールは有効なものだと言えます。

旭段ボールの製品は、原紙を無駄に使用しない取り組みもされています。
梱包するものにより、仕様を変えています。
発注時のヒアリングや見積、サンプル作成などで希望の仕様を伝え、それぞれにあったものを発注することができますので、段ボールの原紙の間の波状の高さなどで強度を調整しています。

旭段ボール株式会社 岩槻工場(さいたま市/木製品・紙・パルプ)の地図・住所・電話番号|マピオン電話帳

http://www.jennifercardini.com/jen/