ウェアハウスマネージメントシステム(WMS)とは

トヨタに代表されるカンバン方式という必要なときに必要な数だけ、外注に納入させるシステムはあまりに有名ですが、納入業者からすれば、いつなんどきでも注文が来れば即時に納入できるよう、在庫しておかねばならず、在庫コストがかかってしまいます。
災害でもない限り、だいたいペース配分は過去の実績からある程度は読めますが、季節に応じて、自社の敷地を倉庫にしていては、閑散期の稼働率がよろしくありません。
末端をユーザーにする商売なら、更にそのペース配分は読みにくく、過剰な在庫スペースを確保しなければせっかくの販売チャンスを逃す結果となってしまいます。
も同じことです。
そこで、今注目されているのが、ウェアハウスマネージメントシステム(WMS)です。
倉庫業専門業者により、出入庫や物流を管理するシステムで、在庫スペースを気にすることなく、効率の高い在庫管理ができます。
とりわけ通販専門ショップにもおすすめのシステムです。

http://www.nekonet.co.jp/service/e_logi/nekologi-asp_index.html

http://www.jennifercardini.com/jen/